NISSHIN HOMEサイトマップ個人情報保護方針お問合せ
会社概要 業務内容 フィルム 紙器関係 その他 地域情報 スタッフページ

フィルム
商品説明
プラマーク こんなマークをよく目にすると思います。このマークの意味をご存じですか?そうです!リサイクル循環型社会では,すべてをゴミにするのではなく,分別回収によって今まで,ゴミとして処分していたものを分別して再利用することが何よりも大切となってきているのです。弊社では,主にこのマーク(プラマークと言います)の付いた商品を取り扱っています。
次に挙げるのは,このプラマークを更に細分化したリサイクルマーク(SPIマーク)です。
PET これは,最もよく目にすると思います。そうです!!清涼飲料水などのペットボトルには必ず付いていると思います。PET(ペット)とは,ポリエチレンテフタレートを原料として作られる『ポリエステル(Polyester)樹脂』の省略です。
樹脂の特性としては透明性・光沢性に優れていて310ミクロン以下の紫外線を吸収します。また,用途の面でも,耐熱性に優れ-60℃〜150℃の使用範囲をもっている冷凍食品・冷蔵食品〜レトルト食品までと多用途です。包装材料以外にも写真フィルムやビデオテープなどの磁気テープにも使用されています。また,この『ポリエステル』繊維としても広く利用されフリースの主原料です。紳士用のYシャツ(カッターシャツ)等では形状記憶の素材としても使われています。ペットボトルの再利用は,先述のフリースに広く利用されているようです。
ポリエチレン
ポリ塩化ビニル
この2つのマークは,『ポリエチレン(Polyethylene)』を指します。『ポリエチレン』は原料として使用する樹脂の密度差によって低密度ポリエチレン(LDPE 0.910〜0.925/・・中密度ポリエチレン(MDPE 0.926〜0.940/・・高密度ポリエチレン(HDPE 0.941〜0.960/・の3種類に分けられます。
「2HDPE」は用途としては,包装用が大半で,スーパーなどに買い物に行くとレジでもらう,いわゆるレジ袋がこの材質です。このレジ袋は年間に300億枚使用され,家庭ゴミの15%にものぼると言われています。その他に食品・薬品・雑貨・繊維等に使用されています。
「4LDPE」は,最も広い用途に使われるフィルムです。柔軟性に富み耐衝撃性に優れています。ヒートシール性も良好でポリエチレンフィルムの中では,最も透明性に優れています。
ポリプロピレン この「3PVC」は,『ポリ塩化ビニル(Polyvinyl Chloride)』を指します。いわゆる「塩ビ」と言われているものです。透明性がよく剛性がありますが,可塑剤の添加量によって硬質シート・半硬質シート・軟質シートに分類されます。また,フィルム加工時の延伸の有無によって延伸と無延伸に分類されます。
硬質シートが広く利用されています。例えば,錠剤・カプセルを包装するPTP(Press Through Pack)包装用の容器材。透明の化粧ケース。歯ブラシやひげ剃りなどのブリスターパック。クレジットカードやキャッシュカードのカード用。また,最も使用量の多いのが水道管です。
軟質シートの代表としてストレッチフィルムがあります。容器に密着し伸びやすくカットし安い為,ラップフィルムとして広く利用されています。
ポリプロピレン 「5PP」は。『ポリプロピレン(Polypropylene)』を指します。製造時の延伸の有無によってOPP(二軸延伸ポリプロピレン)とCPP(無延伸ポリプロピレン)に二分されます。
OPPは薄くても優れた強度,腰の強さ,透明性と光沢性,高度の防湿性,耐水性,耐低温の特性を備え,透明包装フィルムの主役として使用されています。CPPは適度な腰,ヒートシール性,防湿性・耐摩擦性・耐油性に優れ,ラミネート用のシーラントとしても広範に使用されています。
また,使用例としては,熱可塑性が高く,成型も容易なため容器として広く用いられていて,食品容器に多く見られます。食品容器の代表的な製品としてにタッパーウエアRが知られています。
ポリスチレン 「6PS」は『ポリスチレン(Polystyrene)』を指します。透明性に優れ,腰が強く,耐水性に優れ,水蒸気透過が良い長所があります。しかし,衝撃に弱く,帯電性が大きく,耐熱性が低いという欠点があります。この『ポリスチレン』は主に容器や緩衝材と使用されることが多いです。具体的な例としては,カップ麺のどんぶり・納豆容器・乳酸飲料・トレーなどに成型して使われています。


商品一覧・詳細


ラミネート製品
ラミネート製品
弊社で最も多く取り扱っている製品です。用途としては、食品をはじめ、医薬品、電子部品、工業材料、産業資材、日用雑貨品の包装材料や部材として使用されます。ナイロン、ポリエステル、紙、不織布、アルミ箔、蒸着フィルム、ポリエチレン、ポリプロピレンなど各種基材の特性を活かし、多層に複合・ラミネート(フィルムとフィルムを貼り合わせてそれぞれの特長を生かし,目的の性能を持った包装材料を製造する技術)した製品です。ガスバリア性、防湿性、強靭性(強度・耐衝撃)、耐ピンホール性、耐熱・耐寒性、引裂性、低臭性などの性質を付加し、さまざまな内容物を包装する際に最適な包装設計が出来ます。

変形袋
変形袋
変形袋とは,文字通り「特殊な形をした袋」です。
袋の形が「菱型」・「ヒョウタン型」・「丸型」をした袋です。
用途の1例として、キャラクターをかたどったノートをその形状に沿って袋の形状を縁取り包装する場合に使用されます。通常の四角い袋に比べ,製袋するのにその袋状の“型”を作らなければならなく,初期費用として“型代”も必要となります。その分,オリジナル製を演出する事もできます。

溶断袋
溶断袋
透明度の高いOPPフイルムを使用し,商品の汚れや破損を防ぎます。雑貨等の簡易包装によく使用されています。又,テープ付の物やヘッダー付の物も有り商品陳列に多様な用途を持ち合わせています。

簡易開封フィルム
簡易開封フィルム
コーヒーや粉ミルク、健康食品などに使われるスティック状の包装形態に多く使われています。特長は,表面のフィルムにミクロ単位の穴を開ける加工を施してあり,切り口が無くてもどこからでも手で切れることが一番の特長です。この加工は,ポリエステル・ポリプロピレンなど表基材となるフィルムすべてに施すことができます。一般的にはこの加工後のフィルムにアルミ箔などをラミネートして包装材料として使用されます。

PTPシート
PTPシート
PTPシート(Press through Package)
粒やカプセルの包装のひとつで、容器を指で押し出して内容物を取り出す包装形態です。現在の医薬品はほとんどこの形態を使用しています。この包装形態は,内容物の衛生保持に優れ,携帯にも便利です。PTP包装の構成例は、塩ビシートまたはポリプロピレンシートをブリスター機で成型しながらアルミ箔と熱溶着して貼り合わせます。最近では,塩ビシートやポリプロピレンシートに代わって,アルミ箔をラミネートしたフィルムとアルミ箔を熱溶着させたPTPシートが開発され防湿性を高める工夫がされたものもあります。

チャック付袋
チャック付袋
開封口にチャックを付けて,中身の製品を何度も使用する商品や一度に使いきらない商品に多く使われています。フィルム構成も,ポリエチレン単体やラミネート製品といった様々なものがあります。また,袋の形態も用途に応じて,平袋やスタンド袋など様々な形態があります。弊社では,この製品に関して規格品を多数用意しております。詳細についてはお問い合わせください。

蒸着フィルム
蒸着フィルム
蒸着フィルムの用途は,食品,アイスキャンディー,菓子,雑貨など様々に利用されます。このフィルムの製法はポリプロピレン,ポリエチレン,ポリエステルなど各種フィルム面にアルミニウム又はシリカを真空で蒸着させます。
この蒸着させた効果としては,水蒸気やガスの遮断性に優れ,かつ保香性,遮光性を持たせることができます。また,透明の袋に比べ,中味を視認することができない為,高級感を持たせるなど,装飾効果もあります。

シュリンクフィルム
蒸着フィルム
一般雑貨,化粧箱,ペットボトル,本やノートといったものに被せて使用するプラスチックフィルムです。使用方法は,熱によるフィルムの収縮性を利用し、被包装物の形状に密着させます。このフィルムで包装をすると,安価に改ざん防止を行うことができます。このシュリンクフィルムは6種類(ポリ塩化ビニル・ポリプロピレン・ポリスチレン・ポリエチレン・ポリオレフィン・ポリエチレンテレフタレート)があります。

成型品用シート
成形品用シート
弊社では主にポリ塩化ビニルシート・ポリプロピレンシート・ポリエステルシートを扱っています。用途として、それぞれに透明性と成形性、機械物性を有することから、食品(冷菓用の蓋、冷凍容器)、化粧品(化粧品・歯ブラシの包装)、医薬品(錠剤・カプセルの容器、注射針の包装)、等の包装材料として幅広く使用されます。

インフォレーションフィルム
インフレーションフィルム
プラスチックフイルムの成形方法の一つです。ポリエチレンやポリプロピレンの溶融した材料をチューブ状にして,圧縮空気を送ってふくらませてフイルムを作る方法です。この方法で作られたフイルムをインフレーションフイルムといいます。
一般的にはインフレーション方式にて作られたポリエチレンのゴミ袋やレジ袋等がよく見受けられます。

クリアー封筒
クリアー封筒
クリアー封筒とは,紙を使用せずポリエチレンやポリエステルもしくはポリプロピレンを使用し製袋した封筒です。用途としては,ダイレクトメールや書籍を送る時に使われる事が多いです。原則として封筒が透明な為,紙の封筒に比べ中の商品が外から見えるのが特長です。

プラスチックケース
プラスチックケース
プラスチックケースとは,「厚みのあるポリエステルのシート」を成形加工し箱状もしくは円筒容器状に成型加工したケースです。
 用途としては、食品(菓子・クッキー)・アクセサリー・CDケースファンシーグッズ・ギフトなど様々な商品の梱包に適します。また通常の紙の箱と比べ,中の商品が外から判別でき,商品の魅力をアピール出来る点や商品を衝撃から守る役割も果します。

ブリスターパック
ブリスターパック
ブリスターパックとは,プラスチックシートを成形加工した物のポケット部に商品を入れ,台紙(紙もしくはプラスチック)と圧着加工しバックする一体型の包装形態です。
 用途としては、剃刀や電卓・おもちゃなどをブリスター部(透明な膨らんだ部分)に入れることで,立体感を演出して商品の魅力をユーザーに強く訴えることができます。

パーチ
パーチ
魚類のトロ箱に掛け魚の乾燥や防止をする為の包装用等に使用されるフイルムです。
バター、マーガリン等の中蓋などで耐水性・耐油性等が必要とされる用途で使用されている紙を語源としています。元々はバージンパルプ100%の原紙をパーチメント加工(硫酸加工)してセルロース同士を結着させた紙を指します。
透明フイルムに漁連や漁港の名前を印刷することで産地表示をしたり,魚の血の色も目立たせない効果を持たせたり魚を新鮮に見せます。

カットシート
カットシート
主に花束のラッピングや和菓子の個包装や掛け紙に使用されています。透明度の高いOPPフィルムやセロハンをシート状にカットしたフィルムです。 装飾性や保湿性や防塵性の効果を持って使用される場合が多いです。

バンディングテープ
バンディングテープ
製品を集積(例えば5個1組にするなど)する為に使用するテープです。幅については30・〜100・というように用途によって様々です。フィルム構成として、ポリエチレンやポリプロピレンなどが多く使われています。



HOMEへ